ベジタリアンでも食べれる!植物性プラセンタは美肌美白効果がいっぱい

プラセンタってベジタリアンでも飲めるのかな?ベジタリアン用のプラセンタってないのかな、という人に植物性プラセンタを紹介しています。

ベジタリアンでも食べれる?植物性プラセンタってなに?

ベジタリアンの方で、プラセンタを摂り入れたいと思っている人もいるでしょう。

プラセンタは、美容をはじめ、ダイエットや健康といった面で、とても大事な働きをしてくれる成分です。

 

でも、プラセンタは、牛や豚、羊などの動物にある胎盤から作られるもので、これがベジタリアンによっては、受け入れられないという人もいるでしょう。

 

ベジタリアンといってもいろいろなタイプの人がいますよね。

  • 基本的に肉は食べないけど、場合によっては食べるという人。
  • 肉の固形は食べれないけど、エキスとして入っているものは食べられるという人。
  • 肉の固形も、エキスとして入っている食べ物も、いわゆる動物性成分が入っているものは食べれないという人。

この中で、少しでも動物性成分が入っていたら食べれないという人は、牛や豚、羊の胎盤から作られたプラセンタを食べることができないかもしれません。

 

ベジタリアンでも食べれる植物性プラセンタって?

そういう人は、動物性成分が一切入っていない植物性プラセンタだったら、食べることができるかもしれません。

プラセンタは、動物の胎盤から作る成分と先ほど書きましたが、実は、植物にも胎盤のように赤ちゃん(胚芽)に栄養をあたえる胎座という部分があります。

 

この胎座にも栄養がたっぷり含まれていて、生命力の源と言われています。

 

植物性プラセンタは、動物性プラセンタ同様にアミノ酸ビタミンミネラルが豊富に含まれています。

アミノ酸やビタミンは美肌美白効果をもたらすため、日頃、ニキビやシミ、肌のたるみに悩まされている人にとても有効なのです。

 

ただ、植物の胎座には、動物の胎盤にある「成長因子」というものがありません。

プラセンタを摂り入れる上で、この成長因子があるかないかというのは、大きな違いになります。

 

成長因子は、細胞分裂を活発にし細胞を臓器へと作り変えていく働きをしてくれます。

要するに、全身の細胞の新陳代謝が促されて、代謝の向上、体質の改善、組織や機能の若返りといった効果があるのです。

この成長因子を摂り入れることで、アンチエイジング効果が期待できるということですね。


この成長因子が含まれていない植物性プラセンタは、そういう意味では動物性プラセンタよりは劣ると考えてよいでしょう。

とはいえ、植物性プラセンタはアミノ酸が動物性プラセンタよりも豊富に含まれているので、十分、美肌美白効果を期待することができます。

 

植物性プラセンタは安全性がとても高い

植物性プラセンタと動物性プラセンタの大きな違いは、細胞に働きかける成長因子があるかないかと先ほど書きました。

しかし、動物性プラセンタに含まれている成長因子は、ホルモンに影響をあたえると言われています。

これが人によっては副作用になってしまうことがあるため、必ずしも動物性プラセンタのほうがよいとは言えないのです。

 

また、一時期、世界中で狂牛病という病気が蔓延したことがありますよね。

動物性プラセンタは、こういった感染症にも影響されるため、多少なりともリスクがあると考えてよいでしょう。

そういう意味では、疫病や感染症の影響を受けない植物性プラセンタは、安全性がとても高いといえます。

 

植物性プラセンタはどのような種類が在るの?

植物性プラセンタは、経口摂取できるものとしてサプリメントがあります。

植物の胚芽にある胎座という部分から抽出したプラセンタを、サプリメントにしたものです。

サプリメントに含まれている植物性プラセンタは、抽出濃度が高く美肌美白効果をもたらすアミノ酸、ミネラル、ビタミンが豊富に含まれています。

 

他にも、肌に直接塗ることができる植物性プラセンタの美容液があります。

こちらも美肌美白に効果的なのはもちろんのこと、保湿が優れている点がサプリメントと違うところです。

 

ベジタリアンの方でプラセントを摂り入れたいと思っている人は、ぜひ植物性プラセンタを試してみてください。

植物性プラセンタのサプリメントに興味がある方は、こちらのホームページをご覧ください。

ベジタリアンでも飲める植物プラセンタ「穂のしずく」